FC2ブログ

IMF、最新の世界経済予想を発表。2017年、2018年ともに据え置き。今後のカギは米国経済か?

世界経済見通し、2017年、2018年ともに据え置き

 1月16日、IMF(国際通貨基金)から最新の世界経済見通しが発表されました。まず、世界経済の成長率予想を見ると、2016年(見込、以下、同じ)の前年比3.1%増から、2017年に同3.4%増、2018年に同3.6%増と、増加幅が徐々に拡大していく見通しでした。いずれも2016年10月に発表された前回見通しに据え置かれています。

 次に、地域別の予想に関して、まず、先進国・地域の成長率見通しを見ると、2016年の同1.6%増から、2017年に同1.9%増、2018年に同2.0%増と、緩やかな回復が見込まれています。前回見通しとの比較では、2017年が0.1ポイント、2018年が0.2ポイント、それぞれ上方修正されました。

 一方、新興国および途上国・地域の成長率予想は、2016年の同4.1%増から、2017年に同4.5%増、2018年に同4.8%増と、こちらも順調に回復していく見通しです。ただし、2017年は0.1ポイントの下方修正、2017年は前回見通しに据え置かれました。

米国見通し、2017年、2018年ともに上方修正。順調に回復する予想に

 続いて、先進国・地域の主要国の成長率見通しのうち、まず、日本の成長率を見ると、2017年が2016年の同0.9%増から同0.8%増へ、2018年には、さらに同0.5%増へ鈍化していく見通しです。前回見通しとの比較では、2017年が上方修正、2018年については前回予想に据え置かれました。これまで同様、日本の成長率は、他の先進国と比較し、2017年、2018年ともに低い予想となっているようです。

 次に、米国の成長率見通しを見ると、2016年の同1.6%増から2017年に同2.3%増、続く2018年に同2.5%と、順調に回復していく見通しでした。前回との比較では、2017年が0.1ポイント、2017年が0.4ポイント、それぞれ上方修正されています。

 また、ユーロ圏の成長率は、2016年の同1.7%増から2017年に同1.6%増へ増勢が鈍化し、2018年には2017年と同水準に留まる見通しとなっています。前回見通しとの比較では、2017年が0.1ポイントの上方修正、2018年は据え置かれました。

 そして、昨年(2016年)、国民投票によりEU(欧州連合)からの離脱を決定した英国の成長率は2016年の同2.0%増から、2017年に同1.5%増へ大きく増勢が鈍化した後、2018年には同1.4%へ、さらに減速する見通しです。前回見通しとの比較では、2017年が0.4ポイント上方修正されたものの、2018年は0.3ポイント下方修正されました。EU(欧州連合)離脱の影響が考慮された可能性があります。

IMF先進国予想201701

中国は高成長ながら、徐々に減速する見通し。インドは下方修正

 続いて、新興国および途上国・地域の主要国の見通しを見ると、まず、中国が2016年の同6.7%増から2017年に同6.5%増、2018年が同6.0%増と、減速する見通しです。前回との比較では、2017年の成長率予想は、前回見通しから0.3ポイント下方修正、一方、2018年の見通しは、前回見通しに据え置かれました。

 また、2016年は同6.6%増と、中国を下回る成長率に留まったインドについては、2017年に同7.2%増、2018年に同7.7%増と、中国を上回る成長率が見込まれています。もっとも、前回見通しとの比較では、2017年が0.4ポイントの下方修正、一方、2018年は前回見通しに据え置かれています。2017ン円の大幅な下方修正に関しては、高額紙幣廃止に伴う消費への影響が考慮されたようです。

 そして、インドや中国には及ばないものの、比較的、高い伸び率の達成が見込まれているASEAN5カ国については、2017年が同4.9%増、2018年が同5.2%増と、徐々に増加幅が拡大する見通しです。前回見通しとの比較では、2017年が0.2ポイントの下方修正、2018年は前回見通しに据え置かれました。

IMF新興国予想201701

米国経済の今後の展開がカギ?

 さて、今回の成長率予想では、世界経済は、前回予想に据え置きながら、徐々に回復する見通しとなっています。要因のひとつとして、米国の成長が挙げられるでしょう。ただ、この米国に関しては、次期政権の今後の政策運営の内容や結果により、成長率も左右されるのではないでしょうか。実際、IMFも米国の成長率を「不確実」と見ているようで、世界経済の今後を占う上でも、米国経済の展開がカギとなるのかもしれません。

 一方、新興国および途上国・地域では、中国やインド、ASEANといった国・地域が、比較的、高い成長率を維持するとの見方をしているようです。

 現状、世界情勢に目を転じると、主要国において、保護主義的な方向への政策転換の動きが表面化しつつあります。IMFでも、こうした保護主義的な動きの強まりを世界経済のリスクのひとつに挙げているようです。この点を踏まえ、改めて今回の予想を確認すると、2018年に関しては、前回の見通しに据え置かれた国・地域が比較的多かったとの印象を受けます。上に挙げた世界的な保護主義台頭の影響に対する判断の困難さが顕れたのかもしれません。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

広告
プロフィール

ecolumn1967

Author:ecolumn1967
FC2ブログへようこそ!

当ブログは、日々発表される経済統計や関連報道などについて、自分なりに分析し、コラムとして発表していくブログです。

コラムの性格上、先行きの見通しや将来の展望、金融商品の動向などについても言及することがあるかと思いますが、当ブログの目的は、あくまでも、情報の提供であり、投資の推奨などが目的ではありません。

投資を行う場合などは、ご自身で情報収集や分析などを行ったうえで、ご判断くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR