FC2ブログ

米国製造業は堅調? 鉱工業生産が横ばいとなるなか、製造業は前月比、前年同月比とも順調に増加

米国では、製造業のマインド面に続き、実体面の良好ぶりも示される

 米国の製造業は堅調か?…このところ、そのような安心感につながる経済指標の発表が相次いでいます。

 3月1日、2017年2月のISM製造業景況感指数が発表されました。その結果は57.7と、1月の56.0から大きく上昇し、製造業における企業マインドの良好ぶりが示されました。

 そして、折しも、先週(3月13~17日の週)、米国における製造業に関して、上述のマインド面のみならず、実体面についても、その良好ぶりの窺える経済指標が発表されました。具体的には、3月17日に米連邦準備理事会(FRB)から発表された鉱工業生産指数のなかの製造業の生産指数です。

鉱工業生産が横ばいのなか製造業は比較的大幅な伸び

 ちなみに、2017年2月の鉱工業生産指数は前月比横ばいでした。同指数は、1月に同0.1%減と2カ月ぶりのマイナスだったものの、今回は横ばいに留まったことで、2カ月連続の落ち込みは回避された格好です。とはいえ、この2カ月間の数値のみ見れば、米国企業の生産活動に停滞感が漂い始めつつある…といった見方も浮上してきそうな内容とも言えそうです。

 ただ、上述の通り、鉱工業生産全体の約75%を占める製造業は、2月に同0.5%増と、比較的大幅な伸びを示しました。

 なお、鉱業も同2.7%増と前月の同2.1%増から増勢が加速した一方、公益事業(電力・ガス)に関しては、同5.7%減と、前月(同5.6%減)に続く大幅なマイナスとなりました。この公益事業の落ち込みについては、温暖な天候により、電気・ガスの使用が控えられた影響もあった、との見方もあるようです。

 さて、再び、製造業に目を転じ、ここ最近の推移を確認すると、昨年(2016年)11月のほぼ横ばい水準から12月に同0.2%増まで回復した後、1月には同0.5%増へ順調に増加幅を拡大させ、さらに、2月も1月と同じ伸び率を維持するなど、米国における製造業の実体面の良好ぶりが示された格好です。

 製品別の変動を見ると、まず、自動車・同部品が同0.8%増と、前月の同0.8%減から急速な改善が示されたほか、情報関連製品(同0.6%増)、コンピュータおよび電子製品(同0.7%増)、建材(同1.3%増)などが増加しています。

製造業の良好ぶりは前年同月比ベースでも

 一方、製造業に関しては、前年同月比でもその良好ぶりが示されています。具体的に、ここ最近の推移を見ると、昨年11月に前年同月比0.1%増と、前月のマイナスから小幅ながらプラスを回復して以降、12月に同0.4%増、2017年1月に同0.7%増と順調に増勢を加速、そして、2月には同1.2%増と、2015年2月(同1.6%増)以来の大幅な伸びとなりました。

 そして、製品別の動きを見ると、自動車・同部品については、昨年12月の同7.8%増を直近ピークに1月に同2.8%増、2月に同2.6%増と、増勢が鈍化しているものの、情報関連製品が同6.0%増と前月の同5.2%増から増勢が加速したほか、コンピュータおよび電子製品も同6.4%増と、前月の同3.3%増から増加幅を拡大させるなど、好調ぶりが窺われる製品も見受けられます。

 このように、3月に入り、米国製業に関して、マインド面のみならず、実体面についても良好ぶりが窺われる経済指標の発表が相次ぎました。

 今後、米国の製造業が、順調にその力強さを取り戻していくのか、さらに、安定感が、引き続き、維持されていくのか、といった点が注目されるかもしれません。

米鉱工業生産201702

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

広告
プロフィール

ecolumn1967

Author:ecolumn1967
FC2ブログへようこそ!

当ブログは、日々発表される経済統計や関連報道などについて、自分なりに分析し、コラムとして発表していくブログです。

コラムの性格上、先行きの見通しや将来の展望、金融商品の動向などについても言及することがあるかと思いますが、当ブログの目的は、あくまでも、情報の提供であり、投資の推奨などが目的ではありません。

投資を行う場合などは、ご自身で情報収集や分析などを行ったうえで、ご判断くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR