FC2ブログ

米国の非農業部門雇用者数、前月の急速な鈍化から一転、2カ月ぶりに20万人台を回復

非農業部門雇用者増加数が2カ月ぶりに20万人台を回復

 日本において、大型連休が終盤に差し掛かろうという5月5日、米国労働省から最新の雇用統計が発表されました。米国雇用統計といえば、前回の発表時に、3月の非農業部門雇用者数の増勢が急速に鈍化するなど、個人的にも、今回の内容にはとりわけ注目していました。

 そして、その内容は発表前の不安を完全に払しょくするものでした。具体的には、まず、2017年4月の非農業部門雇用者数が前月比21万1000人増と、その増加数は前月の同7万9000人増から2カ月ぶりに20万人台を回復しました。ちなみに、前月に関しては、前回発表時の同9万8000人増から下方修正されています。

 前回の衝撃的とも言える落ち込みから、一転、市場関係者も一安心…といった結果だったのではないでしょうか。

 非農業部門雇用者数について、部門別の変動を見ると、政府部門が同1万7000人増と、前月の小幅な増加(同2000人増)から増勢が加速、一方、民間部門についても、同19万4000人増と、前月の7万7000人増から大幅に増勢が加速しています。

建設業、製造業は小幅な増加に留まる

 次に、業種別の動向を見ると、製造業が同6000人増と前回の同1万3000人増から増勢が鈍化したほか、建設業も同5000人増と、前回(同1000人増)に続き、小幅な増加に留まりました。

 そのほか、3カ月ぶりにプラスに転じた小売業が同6000人増、卸売業も前月からは増勢が加速したものの、同8000人増、2カ月ぶりにプラスに転じた不動産も同4000人増でした。

 このように、毎回、当ブログにて取り上げている業種に関しては、いずれも、力強さに欠ける内容だったことになります。

 ただ、その一方で、レジャー・接客、専門職、ヘルスケア・社会補助などの業種が大幅に増加し、2カ月ぶりの20万人台回復に寄与しています。

 個人的には、製造業の雇用者数が小幅な増加に留まっている点は、いささか気掛かりです。ちなみに、5月1日に発表されたISM製造業景況感指数を見ると、4月の指数は54.8と、景況判断の分岐点である50.0を引き続き上回ってはいるものの、前月から2.4ポイントの大幅低下となりました。この点については、米国における製造業の拡大ペースが緩やかとなっているとの見方があり、雇用者数もこうした製造業の動向を反映したようです。

失業率は3カ月連続の低下、一方、労働参加率も低下

 次に、4月の失業率は4.4%と前月の4.5%から0.1ポイント低下しました。1月の4.8%から3カ月連続の低下です。水準的には、2007年5月以来の低い水準となりました。一方、失業率との関連で注目される労働参加率についても62.9%と前月の63.0%から0.1ポイント低下しました。

 失業率と労働参加率の低下は、就職活動を断念した人の増加に伴う労働人口の減少を示唆している可能性もあり、先行きの展開には留意が必要かもしれません。

 とはいえ、2カ月ぶりの非農業部門雇用者数の増加数が2カ月ぶりに20万人台を回復した点は、失業率の改善と併せ、やはり、明るい材料と言えるでしょう。今回、小幅な増加に留まった製造業や建設業などに関しても、今後、力強さを取り戻していくかもしれず、次回以降の雇用統計の内容が注目されます。

201704雇用統計
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

広告
プロフィール

ecolumn1967

Author:ecolumn1967
FC2ブログへようこそ!

当ブログは、日々発表される経済統計や関連報道などについて、自分なりに分析し、コラムとして発表していくブログです。

コラムの性格上、先行きの見通しや将来の展望、金融商品の動向などについても言及することがあるかと思いますが、当ブログの目的は、あくまでも、情報の提供であり、投資の推奨などが目的ではありません。

投資を行う場合などは、ご自身で情報収集や分析などを行ったうえで、ご判断くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR