FC2ブログ

2018年2月の日本の貿易収支は34億円と2カ月ぶりの黒字に

日本の貿易収支、2カ月ぶりに黒字転換

 財務省から最新の貿易統計(通関ベース、速報値)が発表されました。それによると、2018年2月の貿易収支額(輸出から輸入を差し引いた差引額)は34億円と、2カ月ぶりの黒字転換となりました。

 貿易収支の内訳を見ると、輸出額が6兆4630億円(前年同月比1.8%増)、輸入額が6兆4596億円(同7.9%増)で、輸出額が輸入額を僅かに上回ったことが、今回の貿易収支黒字の要因となりました。

 前年同月からの変動に着目すると、輸出額は15カ月連続でプラスを維持するなか、前月の同12.3%増から急速な増勢鈍化となり、1ケタ台の伸び率に留まった一方、輸入額は14カ月連続のプラスとなるなか、2カ月ぶりの2ケタ台の伸び率回復となっています。

201802国内貿易収支

 品目別の前年同月からの変動については、輸出では、自動車(同15.7%増)や航空機類(同56.0%増)などが、輸入では、液化天然ガス(同18.8%増)や石油製品(同36.2%増)などが増加しました。

輸出額では、中国向けが16カ月ぶりのマイナスに

 続いて、主要国・地域別の輸出額に注目すると、まず、米国向けは1兆2762億円(同4.3%増)で13カ月連続の増加となり、前月の同1.2%増から増勢が加速したものの、3カ月連続で1ケタ台の伸びに留まりました。品目別では、自動車(同12.3%増)や鉱物性燃料(同137.0%増)などが増加、航空機類(同17.3%減)や電算機類の部分品(同19.6%減)などが減少しています。

 また、EU向けは7809億円(同11.5%増)で13カ月連続の増加となりました。品目別では、自動車(同39.3%増)や金属加工機械(同38.5%増)などが増加しています。

 そして、中国向けは1兆802億円(同9.7%減)と、16カ月ぶりのマイナスとなりました。減少品目としては、科学光学機器(同18.8%減)、プラスチック(同19.9%減)、音響・映像機器の部分品などが挙げられます。

米国からの輸入額は12カ月連続の増加

 一方、主要国および地域別の輸入額に注目し、まず、米国からの輸入額を見ると、6309億円(同5.2%増)で12カ月連続の増加でした。品目別では、原動機(同33.5%増)、穀物類(同34.3%増)などが増加しました。

 また、EUからの輸入額も7339億円(同11.2%増)で12カ月連続で増加しました。品目別では、自動車(同7.6%増)、有機化合物(同14.9%増)などが増加しました。

 そして、中国からの輸入額については1兆5052億 (同39.2%増)で、2カ月ぶりの増加となりました。品目別では、衣類・同付属品(同55.2%増)、電算機類(含周辺機器、同18.6%増)、金属製品(同57.6%増)などが増加しています。

輸出数量、13カ月ぶりのマイナスに

 輸出および輸入の数量の変動に目を転じると、まず、輸出数量は同2.1%減と13カ月ぶりにマイナスに転じた一方、輸入数量は同11.7%増と、前月の同2.6%増から急速に増勢が加速しました。

 輸出では、金額、数量ともに中国向けの減少の影響の可能性が指摘できるでしょう。ちなみに、この中国向け輸出の落ち込みについては、同国における春節の休暇が影響したようです。

 一方で、米国向け輸出が1けた台の伸びを継続している状況に、個人的には、一抹の不安を覚えます。米国経済は、現状、順調な回復基調を辿っているとの印象もあるだけに、今後の展開に留意が必要かもしれません。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

広告
プロフィール

ecolumn1967

Author:ecolumn1967
FC2ブログへようこそ!

当ブログは、日々発表される経済統計や関連報道などについて、自分なりに分析し、コラムとして発表していくブログです。

コラムの性格上、先行きの見通しや将来の展望、金融商品の動向などについても言及することがあるかと思いますが、当ブログの目的は、あくまでも、情報の提供であり、投資の推奨などが目的ではありません。

投資を行う場合などは、ご自身で情報収集や分析などを行ったうえで、ご判断くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR